毎日のダンケ!~Danke!~

理系大学生の大学生活や思ったこと、伝えたいことを気ままに書いていきます

夏休み初日〜江ノ島へ〜

こんにちは、まゆ助です!

さあ、待ちに待った夏休みに突入しました!というわけで今回は初日に友達と江ノ島に行ってきたので日記風に書いていきたいと思います!

 

まず朝の9時に新宿へ集合し、そこから小田急線に乗って片瀬江ノ島駅へ向かいました。


f:id:ninjakakumei:20170807105938j:image

私は行くのは初めてだったのですが、この強烈な駅のデザインに惹かれました。

ぱっと見が完全に竜宮城ですもんね。江ノ島に向かう観光客はここで降りる人が多いのか写真を撮っている人が多かったのも印象的です。

さて、ここ片瀬江ノ島駅から江ノ島までは歩いてる15分程度でした。江ノ島は本土と橋で繋がっており、歩いて行ける距離にあります。また、橋を渡っている間に左右を見回すと綺麗な砂浜があり、海水浴をしている人も大勢いました。

そして江ノ島に着いた私達は今回の第一の目標である「生しらす丼」を頂くことにしました。生しらす丼を提供しているお店がとても多く、非常に迷いましたが私達は天海というお店で頂くことにしました。これがその生しらす丼定食の写真です。
f:id:ninjakakumei:20170807110326j:image

これで1080円と観光客からしてみればとてもお手頃な値段で楽しむことが出来ました。

定食は生しらす丼、味噌汁、漬物、しらすの磯漬け、となっています。こちらの生しらす丼は丼に入っている野菜や海藻を別の皿に取り分け、特製のドレッシングをかけるというのが食べ方のようです。

生しらす丼を食べたのは実は初めてで、その食感やほんのり感じる甘みがとても美味しかったです。

また、付け添えのしらすの磯漬けは名前も聞いたことがなく、少し不気味でしたが、口にしてみると磯の独特な香りが広がり、少し塩辛さのあるご飯のお供に最適な料理でした。磯の香りが強いので苦手な人も多そうだなあ、と感じました。

特製のドレッシングはゴマどれがベースとなっており、ポン酢のようなあっさりした風味となっています。特に海藻との相性は抜群で家に欲しいくらい美味しかったです。

みなさんも江ノ島に訪れた際にはぜひ足を運んでみてください。ただ、しらすには禁漁の時期もあるようで生しらす丼が提供できない場合もあるようです。下調べを行って訪れるようにしてくださいね。

今回、生しらす丼を頂いた天海のホームページはこちらです↓↓

江の島 天海|海鮮料理|HOME

 

さて、生しらす丼を食した後、僕達は江ノ島の神社に向かいました。

 ここは日本三大弁財天を祀る江島神社といいます。山を登るような形で作られており、その形式は京都の伏見稲荷大社を若干思わせる部分がありました。私は山も登る気満々だったのですが、他のメンバーが疲れていたので初めの階段を上ったところで引き返すことにしました。次に来ることがあれば是非登って綺麗な太平洋を拝んでみたいところです。

これは階段を上ったところからの写真です。江ノ島の繁盛しているところや綺麗な海が見え、素敵な写真です。
f:id:ninjakakumei:20170807111952j:image

 

そのまま、橋を渡り引き返した私達は最後に第二の目標である江ノ島水族館へ向かいました。
f:id:ninjakakumei:20170807112050j:image

 すい水族館に来るのは何年ぶりだろう、というくらい久々でテンションが上がっていました。ただ、江ノ島水族館についてなんの下調べもしていなかったので名物などがわからず、純粋に水族館を楽しんでいました。

以下は水族館の写真を少しですが紹介します。
f:id:ninjakakumei:20170807112255j:image

まずはいっまず入ってすぐに江ノ島近辺の海を再現した水槽が展示されていました。地元の広島にある宮島水族館では牡蠣いかだの展示がされており、地元らしい部分はどこの水族館にも取り入れられるのだなあ、と思いました。同時に池袋サンシャインの水族館は一体どんならしさを取り入れているのか興味が湧いたので行ってみたいです。
f:id:ninjakakumei:20170807112441j:image

クラゲはすい水族館の定番で、最近では需要が高まっているように感じます。一緒に行った友達もクラゲブースにいる時間がとても長かったのでこのふわふわ感には惹かれるものがあるな、と感じていました。
f:id:ninjakakumei:20170807112546j:image

今回、私がいちばん衝撃を受けたのがこちらのしんかい2000の展示です。これはレプリカではなく実際に過去に使われていたものがそのまま展示されているようです。

この近くにはコックピットを再現したものや、深海生物が少し展示されていましたが、その魅力にとても惹かれました。深海というのはまだまだ未知の世界で、現在の日本ではしんかい6500が活躍しています。しかし、世界にはまだまだ深い海溝が沢山あるようでその生態系の調査は出来ていないのが現状だそうです。深海生物の発光作用や、透明な皮膚というのは今後の技術革新に何か生かされていきそうだなあ、ととても大まかではありますが感じました。

 

この他にもイルカクジラショーやペンギンショーを見ました。

私はイルカショーというのは見たことがあるのですが、そこにクジラが加わるというのがとても新鮮でした。よく考えてみればどちらも知能を持った魚介哺乳類なのでなんらおかしいことでは無いのですが、私の中では本当に新鮮で衝撃でした。また、このショーにはアシカも登場しており、生まれたてのアシカが小さく芸を必死にやっている姿がとても可愛かったです。

ペンギンショーも触れ合いは出来なかったのですが、餌を求めてわちゃわちゃする姿がとても愛らしく、また見に来たいと感じました。今回は見れなかったのですがイルカとのシンクロショーやクラゲショー(?)ダイビングショーなどたくさんの催し物が開かれているようです。

都心からは遠いですが、生しらす丼を食べて水族館に行くというコースはデートに最適だなー、などと考えていました。

こちらが江ノ島水族館のホームページです↓↓

http://www.enosui.com/

最後にみんなで海に入り、近くのデニーズでご飯を食べて帰りました。夏休みの初日からアクセルフルスロットルで楽しみ、最高の大学生活がやってきたな、と感じました。

みなさんも是非江ノ島に足を運んでみてください!綺麗な海や美味しいご飯が食べられますよ!