毎日のダンケ!~Danke!~

理系大学生の大学生活や思ったこと、伝えたいことを気ままに書いていきます

YouTuberたちのNintendo Switchプレゼント企画に断固反対します!

こんにちは、まゆ助です!

 

みなさんはYouTubeを見ますか?私は割とよく見ています。YouTubeを見る人ならわかると思うのですが、現在たくさんのYouTuberが存在していますね。

 

 

中でもHIKAKINさんはYouTuberの先駆者ともされ、NHKの番組やバラエティ番組などYouTubeを飛び出して活動している人でもあり、YouTuber自体が多くの人に知られる存在ともなりました。

 

 

今日はそんなYouTuberたちがこぞって行う「プレゼント企画」について書いていきます。

 

 

YouTuberのプレゼント企画を知らない方に少し説明しますと、YouTuber達がPS4やAmazonギフト券などの高価なものを視聴者にプレゼントする、というものです。

 

 

 

では、彼らはなぜそんなことをするのでしょうか?

 

 

 

彼らはプレゼント企画の応募方法として主にチャンネル登録と動画へのコメントを求めています。これこそが彼らの求めるものです。

YouTuberにとって知名度や話題性は命です。なぜなら、多くの人に見てもらい、再生回数が増えることで広告収入や彼らの承認欲求も満たされていくからです。

 

 

そして、今回取り上げたいのは現在「Nintendo Switchのプレゼント企画」が多く行われていることです。中にはYouTuber同士でプレゼント数を張り合い「〜さんよりも多い数をプレゼントします!」と強調している人もいます。

 

 

なぜプレゼント企画の中でもNintendo Switchについて取り上げるのかというと、私の以前書いた記事を読んでもらえばわかるように現在、品薄状態が長く続いていることが重要になってくるからです。

 Nintendo Switchが品薄なのはなぜ?どうやったら手に入るの?

Nintendo Switchが品薄なのはなぜ?どうやったら手に入るの? - 毎日のダンケ!~Danke!~

 

私がはじめにこのプレゼント企画を見たとき「どうやってこんなにも多くの数を手に入れたのだろう」と思いました。

 

 

欲しい人が1台すら手に入れにくい状況で簡単に数十台も入手できるはずがありません。任天堂と契約を結んでいる場合は公式に供給されるかもしれませんが、私の知るYouTuberでそのような人はいませんでした。

 

 

私の考えるその答えは「代行屋による買い占めや転売屋からの購入」というものです。

 

Nintendo Switchの抽選販売に協力者を並ばせて代理購入させたり、ネットオークションなどで高額転売されているものを買い取る。このようなことをしなければ大量に手に入れることはできません。

 

 

これを読んでいる皆さんの中に「でも、プレゼントするときは無料だし私達は損をしていない。何が悪いの?」と思う人が少なからずいることでしょう。

 

 

ずばりお答えします。彼らの「代理購入や転売屋からの購入、その行為自体が問題」なのです。

 

 

代理購入をすると、欲しくて抽選販売に並んだ人の手には渡りません。特に協力者が多い場合はより手に入りにくく、品薄状態をより悪化させるでしょう。

 

転売屋からの購入では、転売屋が味を占めること、が非常に問題です。高額転売が可能であることを知ると彼らはさらに転売するために買い占めようとします。するとやはり、欲しい人が手に入らない状況が続きます。このことは先程紹介した以前の記事でも書いているので読んでみてください。

 

 

 

つまり私が言いたいのは「プレゼント企画自体に問題はないが、プレゼントの入手方法に問題があるのではないか」ということです。

今回はNintendo Switchの品薄に目をつけたYouTuberが多く、もし転売屋から購入していれば多くの転売屋が味を占めたことでしょう。そして解消されるはずの品薄状態が続いていく、という最悪の状況も考えられます。

YouTuber自身が並んで手に入れたものなら何も問題はありません。ですが、大量のプレゼント数を見るとほぼ不可能であるようにも感じます。

 

 

プレゼント企画は多くの人を引き付けますし、それを機に視聴者も増やせるかもしれないというYouTuber定番の行為になりつつあります。そのような文化を否定するつもりは全くありませんが、品薄状態を悪化させてしまう恐れがあり、とても不安です。

1人のゲーム好きとして欲しい人に届いてほしいという思いがある以上、今回のNintendo Switchプレゼント企画には賛同しがたいものがありました。より多くの人のもとに届き、YouTuberの動画がもっと彩りのあるものになるよう祈っています。