毎日のダンケ!~Danke!~

理系大学生の大学生活や思ったこと、伝えたいことを気ままに書いていきます

カリスマ YouTuber ヒカルの一連の炎上について その発端と経緯をまとめてみた

こんにちは、まゆ助です!

 

今日は先日からネットを賑わせているカリスマYouTuber ヒカルさんのVALU事件をはじめとした一連の炎上について書いていきたいと思います。

 

まず、カリスマYouTuber ヒカルについて

ヒカルは経営者兼YouTuberの二足のわらじを履いているカリスマYouTuber(自称)です。つまり社長をしているYouTuberですね。

チャンネル登録者は250万人を超え、人気大物YouTuberといっても過言ではないでしょう。

また、自ら年収5億と謳っており、チャンネルでは初期の頃から大金を使って宝くじを大量購入したり、お菓子の当たりが出るまで買い続けるなどの動画を投稿していました。

中でもお祭りの屋台くじには本当に当たりが入っているのかくじを全部購入して確かめる、という動画は反響を呼び、サンデージャポンの番組内でも紹介されるほど話題となりました。

私もヒカルのお金をたくさん使って検証する、という私には不可能なことを行うところに面白みを感じ、視聴していました。

 

そんな彼が起こした一連の炎上の発端は通称VALU事件と呼ばれるものです。

 まずはこのVALU事件編について掘り下げていきましょう。

 

 

はじめに登場する単語の説明をしたいと思います

取り上げる単語は2つ

・VALU

【VALUとは・・・自分自身を上場企業に見立てて、ビットコインの仮想通貨を用いて株投資を行うサービスのこと。仮想通貨とはいえお金に代わるものを使用するため損得は存在する】

・NEXT STAGE

【NEXT STAGEとは・・・ヒカルが立ち上げたYouTuber事務所。ヒカルやラファエル、禁断ボーイズなど今人気のYouTuberが多数所属している】

 

 

 

発端・VALU事件編

 

まず、ヒカルの他、NEXT STAGE所属の人気YouTuber ラファエル禁断ボーイズのいっくんがVALUに参加しました。(つまり上場した)

その初期の頃からファンは食いつき、投資をはじめたため、株価は高騰していきます。私もTwitterをフォローしていたので上場した段階から「また動画の企画をしているのかなあ」と楽しみにしていました。

株価が高騰したところでヒカルが

「明日、VALUで大きく動く!」

とツイートしました。

この時、私は知らなかったのですがVALUのサービス内では株主優待を匂わす発言があったようで、ファンは株主限定のオフ会や写真会に期待し、さらに株を購入するようになりました。

 

そして翌日、ヒカルが大きく動きました。

 

それは「株の売り抜け」でした。

 

ファンによって高騰した株を売りさばき、自らは利益を上げる。同時に株価は暴落するので期待して購入したファンは大損をしました。この利益は数千万にも及ぶとの推測もされています。

さらに問題なのが、ヒカルが売り抜けする前に同時に上場した2人やNEXT STAGE関係者もヒカルの株を売り捌いており、インサイダー取引に当たるのではないか、という点です。

ファンを騙して多大な利益を上げたことと身内で情報を共有していたことの二つが大きな問題となり、一連の炎上の発端となっています。

 

さらにVALU事件があった後、問題となったのはその対応でした。

ヒカルはTwitter上で

「得する人と損する人が存在するサービス(VALU)と分かって利用していたのだから、今回はあなた(損をしたファン達)が損する側に回っただけ」

と発言し、ファンを失望させました。

また、VALUの買い戻し(自社株をたくさん買って値をあげることで損した分を補填する)を行うとの声明も出ていましたが、8月22日現在、未だに行われていないようです。

弁護士兼YouTuberクボタ氏は株主優待を匂わせる発言について、ヒカルが認知していたのなら詐欺罪にあたる、という見解を示し、YouTube界のご意見番シバター氏はVALU事件を詐欺と決めつけ批判する動画を投稿するなど、炎上は加速していったように感じます。

VALU事件編はひとまずここまでです。

 

この事件は一般メディアにも話題となり、YahooニュースWBS週刊文春にも取り上げられました。

 

VALU編まとめ

・ファンを騙して(?)ヒカルとその他関係者数名が利益を上げる

・弁護士やご意見番など様々な視点から批判が浴びせられる

 

 

匿名掲示板編

 

この炎上に目をつけた某匿名掲示板では事件に関わった人物の住所や電話番号の特定が始まりました。中にはイスラム教の聖典であるコーランを燃やしているような偽動画も作られ、いわゆるお祭り状態になっていた気がします。

私が確認したヒカルへの嫌がらせは以下の通りです。

・実家、現住所、本名、電話番号の特定

・偽動画の拡散によってイスラム教を挑発する

・ネット通販で着払いの商品を大量に発送する

また、ここで挙げるほどではないと思いますがヒカルと共に詐欺を行ったとされるラファエルといっくんの個人情報も特定され始めます。

 

 

特に偽動画の挑発にはヒカルも反応しており

「法律の専門家と警察に相談して相応の対処をする」

と発言しました。

同時に、命を狙われる危険から渋谷109で予定されていたYouTuberグッズ販売展への来店も見送りとなりました。

 

これに関しては私はやりすぎのように感じます。

VALU事件は損をした人が存在し、それに対するヒカルの説明も簡素で詐欺であるかのように感じる人も多かったため、炎上するのは仕方ない気がします。

ですが、そこから派生して個人情報の特定のみならず、偽動画を作り間接的に命を狙わせることはヒカルが行ったことよりも遥かに重いことではないでしょうか。

ヒカルからの充分な説明と、損をした人への補填が重要視すべき目的のような気がします。

 

匿名掲示板での個人情報の特定はさらに悪化し、なぜかVALU事件とは直接的に関係ない、NEXT STAGE所属のYouTuberコンビ オッドアイよしりんに飛び火します。

その引き金は彼が行った生配信上で遠回しに匿名掲示板に書き込む人のことを馬鹿にしたり、他人を蔑むような発言をしたからのようです。

それからは掲示板上ではヒカル、ラファエル、いっくん、よしりんの個人情報特定が行われ始めました。

 

その最中に浮かんできた仮説があります。

 

それは

「ヒカルの年収5億というのは嘘ではないか」 

というものです。

 

この仮説はヒカルがチャンネル登録者を増やすために行ってきたプレゼント企画から立てられました。

多くのPS4やNintendo Switchをプレゼントする動画の中で明らかに挙動がおかしい点があり、実際には空箱なのではないか、と疑われ始めました。さらにプレゼントに当選した人のもとに連絡や商品が届かなかったことや、特定された自宅があまりにも質素であることなどから疑いは強くなります。

このことに関してヒカルは言及していませんが、疑いは深まるばかりでしょう。

 

また、ヒカルが以前、情報商材を販売していた頃、お世話になり彼自身が恩師と呼んでいる人をNEXT STAGEの顧問にしたり、動画に度々登場することからその関係も調べられるようになりました。

 

すると

「ヒカルたちは詐欺師グループで活動している」

という仮説も立てられるようになりました。

 

これは同じく情報商材を販売している人が動画に登場するようになったことから疑われ始めたようです。

私は情報商材について詳しく知らないので、頭ごなしに詐欺と決めつけてしまうのは如何なものかと思います。きちんとした根拠もないまま決めつけてしまうとむしろ痛い目に遭う気がしてなりません。

ネットの情報を鵜呑みにするのではなく、多少なりとも自分で調べてから物事を判断していきたいと思います。

 

匿名掲示板編の炎上は今もまだ続いており、個人情報の特定や嫌がらせが続いています。

初めの、充分な説明や損した分の補填などの目的は忘れ去られお祭りを楽しむだけの行為が続いているようにも思います。

 

 匿名掲示板編まとめ

・ヒカルやその他多くのYouTuberの個人情報が特定され始める

・その結果、ヒカルの素性や行動に疑いを持たれる

・未だに個人情報の特定は続いている 

 

 

最後に

 

大きく二つに分けての説明となりましたが、これが今回の炎上の経緯となっています。

ヒカルの説明不足などから信頼を失ったのは事実だと思いますが、あまり過激なことをやり過ぎるべきではないのかな、と思います。

私も今回の炎上で失望したうちの1人ですので、今後はフィルターを通して動画を視聴することになるでしょうし、他のYouTuberへの視線も変わってしまうかもしれません。

HIKAKINさんのように多くの人を楽しませるYouTuberが増え、クリーンな業界になってくれることを祈っています。