毎日のダンケ!~Danke!~

理系大学生の大学生活や思ったこと、伝えたいことを気ままに書いていきます

2017年 24時間テレビ ランナーはブルゾンちえみ!選出の理由は?番組内での発表は成功だったのか?

こんにちは、まゆ助です!

今日、8月26日から2017年の24時間テレビが始まりました!

24時間テレビといえば24時間ランナーが名物ですよね。番組と一緒に走り続け、番組終了までにゴールの日本武道館を目指します。

毎年、多くのランナーが生まれており、私の記憶にあるのはTOKIOのリーダー、城島茂さんとミュージシャンのDAIGOさんです!

リーダーが走った時にはゴール寸前にTOKIOのメンバーが応援に駆けつけ、DAIGOさんはランナーとして走りきった年に女優の北川景子さんとの結婚が発表されました。

そんな名物の24時間ランナーですが、今年のランナーは当日まで発表されませんでした。

そして、今日、ついに発表されました!

 

 

ランナーは

お笑い芸人のブルゾンちえみさんでした!!

 

選出理由は?

では、なぜブルゾンちえみさんが選ばれたのでしょうか?

過去の24時間ランナーを振り返りながらその理由を考えていきましょう。

初回のランナーは間寛平さんでした。

そこから24時間マラソンはは25年続いていますが、走者はお笑い芸人から俳優、女優、ミュージシャンと様々な人が走っています。年齢も20代から70代まで本当に幅があります。

なので特定の性別や年齢にこだわっていないことがわかりますね。

また、チャリティーとはいえテレビ番組ですので、大事にしたいのはやはり「視聴率」ですよね。

近年のランナーを見てみたこたところ、ブームだった頃にはエド・はるみさんやはるな愛さんが。他には多くの人に認知されている徳光和夫さんや林家たい平さんが走っています。

 

なので知名度今現在ブームの人を中心に選出したのではないでしょうか。

 

となると、ブルゾンちえみさんは売れっ子芸人としてランナーにふさわしいのかな、と思いますね。

他にもサンシャイン池崎さんやみやぞんさんも同じくらい売れっ子なので可能性はあったかもしれませんね。

候補として数人を選出し、その中から当日一人を選び発表する、という形だったのでもしかしたら候補にはなっていたかも知れません!

 

初の試みは成功なのか

今年はランナーの事前の発表をせず、ランナー本人にも当日に伝えたそうです。

これは成功だったのでしょうか?

私は「成功だった」と思います。

なぜなら、先程も書いたように異例の取り組みをすることで「視聴率」を稼げたのではないか、と思うからです。

私自身、今日に至るまでランナーは誰なのだろう、と思っていましたしランナー発表を見たいためにチャンネルを合わせていました。

今までにないワクワクを感じていました。これはきっと多くの人に当てはまるでしょう。

 

ですが、この手はもう使えないということも考えなければいけません。

異例というのは今までにないから話題となるのであって、もう一度同じことを繰り返しても注目度は前より低くなります。また、今年はランナー発表がかなり引き延ばされていましたので、嫌気を感じて同じことをするなら見ない、という考えの人も生まれたのではないでしょうか。

そこで私が一つ提案したいのです。24時間ランナーを投票制にしたら如何でしょうか。

番組側で候補を数人に絞り込み、数日前から番組のホームページや手紙で投票を募ります。そして番組内で発表します。

バラエティ番組の演出としてありきたりではありますが、より視聴者に求められるランナーが走ることになり、多くの人が食いつくと思います。

ただ、候補のランナー全員が練習をしなければならない、という欠点もあります。

ですので、また番組内での発表という形をとるのであれば投票制にしたらどうか、という提案にさせていただきます。

 

最後に

今年のランナーは女性で四年前の大島美幸さん以来となりました。また、発表が遅いこともあり、練習期間も今までより短かったそうです。猛暑の今年、暑さには気をつけて、最後まで走りきってほしいと思います!