毎日のダンケ!~Danke!~

理系大学生の大学生活や思ったこと、伝えたいことを気ままに書いていきます

Amazonは一人暮らし大学生にとって便利!だけど欠点も…

こんにちは、まゆ助です!

みなさんamazonはご存知ですよね。インターネット通販の最大手会社で、食料品やブランド品、紙媒体や電子書籍の書物なども取り揃えている会社です。今までamazonを使ったことがある、という人もかなり多くいるのではないかと思います。

今日は私が大学生として一人暮らしを始めてからamazonに救われた経験や、その欠点を書いていきたいと思います。

 

Amazonの便利なところ

Amazonの便利なところは私は主に二つあると思っています。

一つ目はやはり品ぞろえの豊富さです。

9月中旬、サークルの合宿に行く際に持ってくるものの中に水着と記載されていました。しかし、時期はすでにです。店頭で水着を販売しているお店は見つかりません。あのドン・キホーテにも探しに行きましたが、ハロウィングッズだらけで見つけることはできませんでした。そこで使ったのがamazon。水着と検索すると安いものから高いブランド品まで取り揃えていました。やはり通販というのは時期に左右されずにほしいものが欲しいときに買えるのでとても便利だと思っています。

他にも、価格の比較が行いやすいというのも利点の一つでしょう。Amazonを利用したことのある人はわかると思いますが、価格と商品が並ぶように配置されているので似た商品でも値段がかなり違うものなどが一目でわかります。私は掃除機を購入する際に参考にしました。同じような形状のものでも数千円も値が違ってくることがあるので製品規格やレビューを読みながら慎重に決めました。中にはamazon側が似た商品同士で規格を比較してくれることもあるので大量の商品の中から予算に合ったほしいものが見つかると思っています。

 

二つ目はamazon primeの優秀さです。

Amazon primeって?という方に少し説明するとamazonは「amazon prime」と呼ばれる有料会員制度を設けています。もちろん入会しなくてもamazonの通販は利用することができます。では有料会員はどんな特典があるのか。入会することで「荷物の届ける日時指定」「お急ぎ便」を好きなだけ利用することができます。一つ目の日時指定はその名の通り、二日後以降の朝から夜まで2時間区切りで指定することができます。一人暮らしの大学生は大学やバイト、サークル活動など家にいない時間も多いでしょう。そんなとき、日時指定をしてけば再配達を依頼することなく、その場で受け取ることができるのです。二つ目のお急ぎ便は、なんと注文して翌日には商品が届くのです。東京都などの一部の地域では商品にもよりますが注文から2時間で届けるというサービスも行っているようです。これらの特典はamazon.co.jpの販売する商品に限られますが、一般的なものであればほとんど利用できると思います。これら以外にもamazon プライムビデオという映画やドラマなどを取りそろえた映像サービスがみられたり、音楽が聴き放題だったりお得な特典があります。興味のある方はぜひ調べてみてください。

これらの特典を年間3900円で利用することができます。大学生にとったら結構抵抗のある値段かもしれません。しかし、amazonは「amazon sutudent」と呼ばれる学生向けの有料会員制度も設けています。こちらは先ほどのamazon primeとほとんど同じ特典を受けることができ、年間1900円で利用することができます。月々100円程度と考えればかなりお得なのではないでしょうか。

私も入学後さっそくamazon studentに登録しました。先に書いた水着もお急ぎ便ですぐに手に入れることができましたし、飲料水やお米など重くて買いに行くのがめんどくさいものは日時指定によって確実に手元に届きます。

こんなに便利なamazonですが、欠点もあります。

 

Amazonの欠点

Amazonの欠点とは書きましたが、一人暮らしの大学生が利用する際の欠点と考えてください。

「値段の相場がわからない」

Amazonは確かに便利ですが、商品によってはそこまで安くないものもあります。特にお菓子やジュースなどはコンビニで買うのとほぼ変わらなかったり、スーパーだとそれより安いのです。ですが、amazonばかりを利用している人は通販価格を基準としてしまうので一般的な相場がわかりません。Amazonは洋服や靴なども取り扱っているのでそういう面でも周りからすれば高いと感じるような商品を買ってしまったり、安売りなどの情報が手に入らなかったりするのでしょう。

スーパーやコンビニではポイントカードなどのお得な特典を備えているところがほとんどでしょう。Amazonで買うよりもはるかに安上がりな商品を見逃さないように、そして通販頼りになって家に引きこもってしまわないように外に出て価格の相場を調査しましょう。

 

最後に

今日はamazonについて書きました。私自身重たいものは運びたくないのでよく利用しています。実際にドン・キホーテで扇風機を買い、それをもって一駅分歩いた経験をしたことがあるのでその便利さは身に染みて感じます。ですがやはり欠点はあるものです。シチュエーションを選びながら便利なものをさらに便利に利用しましょう。