毎日のダンケ!~Danke!~

理系大学生の大学生活や思ったこと、伝えたいことを気ままに書いていきます

ブランド品って昔は安かった?

こんにちは、まゆ助です!

最近、ブランドというものに興味を持ち始めました。興味というのは買いたいとか手に入れたいというわけではなく、ブランドが形成される過程に興味が湧いたのです。

なので、今日はブランドについて書いていきたいと思います。

 

ブランド品って実は安かった?

みなさんはブランドと言ったら何を想像しますか?私はルイヴィトンやシャネルを第一に想像しました。他にも身近なナイキやプーマも立派なブランドでしょう。

みなさんもブランド物と呼ばれるものを一つは持っているのではないでしょうか?店頭でも目立つところに並べられていますよね。

それらのブランド物って他の商品に比べてかなり高額ではありませんか?

私はこの他に比べて値が張るという点が面白いと感じました。特に会社が立ち上げられた当初の値段設定が気になるのです。

よく、ブランドは質が良いから高い、と述べる人もいますし、私もそのことには賛成しています。ですが、ブランド会社として扱われる以前は値段が高かったのでしょうか?もし、値段が高いのならば購入する客は少ないでしょうし、値段が安いのならそのままの価格を維持する、または質の高い商品を作り上げなければならないのです。

ブランド会社の始点における値段設定、を知らないことでもどかしさも感じます。今値段が高いのは質がいいし、ブランドとして一定の評価も受けているから、と納得することもできますが、名を知ってもらうためには安く商品を広めたいが値上げもしづらい。

いま新しい会社を立ち上げて商品販売を始めた時、将来ブランド会社になることを目論んでいるのならどのような値段設定が適切なのでしょうか。もし、わかる方がいれば教えて頂きたいです。

 

最後に

ブランドは周りに認められ続けなければなりません。その分、第一印象も肝心だと思っています。私が会社を立ちあげようとしている訳ではありませんが、現代の会社を昔から学ぶことで得られるものは未来に繋がるのではないかと思っています。

そして今はまだあまり名が知られていない多くの会社から名を轟かすようなブランド会社に成り上がる会社が生まれることも楽しみにしています。その分、いまから多くのことに手を出し知識を深めたいです。