毎日のダンケ!~Danke!~

理系大学生の大学生活や思ったこと、伝えたいことを気ままに書いていきます

大学生の時こそ趣味にお金をかけるべき

こんにちは、まゆ助です!

 

今日は大学生のお金の使い方を書いていきたいと思います。これは何が正しいというものはなく、人それぞれお金の使い方はあると思います。あくまで私の考え、として受け取ってください。

私の考え、それは「趣味にはお金を費やせ」というものです。

 

「趣味にはお金を費やせ」

ここで私が言いたいのは趣味であれば無駄遣いをしてもいい、という訳では決してありません。少しでも欲しい、と思ったら買えばいい、ということです。

いや、それも無駄遣いだろう、という人がいるかもしれません。そういう人には無駄遣いの考えを変えて欲しいです。無駄遣いという言葉を「自分の価値観に当てはめて価格が高いものを買うこと」に使っているような気がするのです。例えば、軽音部の人が30万のギターを買うこと。多くの人は無駄遣いというかもしれません。そこを変えて欲しいのです。買った人にはギターに30万の、もしくはそれ以上の価値を感じ、欲しいと思ったから買ったのです。それを第三者が自身の価値観で判断し、無駄遣いと決めつけるのは愚かとしかいいようがありません。

前に「高い買い物をする時は迷うな、安い買い物をする時は迷え」という言葉を聞いたことがあります。これは高い買い物をする時は自分が思った以上に購入するかを迷っている、安い買い物をするときはそこまで迷いがないから無駄遣いになる。というものです。これを聞いた時なるほど、と思いました。高い買い物は一歩が踏み出しにくい気がするだけでたしかに思い返してみればさんざん迷っていたなあ、と思いました。

少し話が逸れてしまいました。ではなぜ趣味で少しでも欲しいと思ったものは買うほうがいいのか。それは未来への投資だと思うからです。

大学生は社会人に比べ圧倒的に自由な時間が多いです。アルバイトをしている人も多いでしょうから金銭面でもゆとりがあります。では社会人はどうでしょう。金銭面はゆとりがあるかもしれませんが自由な時間はそれほど多くありません。その限られた自由な時間に楽しむ趣味を大学生のうちに見つけるべきだ、ということです。

大学生のうちに趣味に関する愛や知識を深めることで社会人になってから自由な時間を何に費やしたらいいのかわからない。という事態が起こらないのです。

なので少しでも欲しいと思ったものは買うべきだ、趣味を形成することは未来に繋がる。と思っています。

 

最後に

私は大学生になってからゲームを多く買うようになりました。

具体的にはNintendo Switchにはじまり、Splatoon2やゼルダの伝説、マリオカート8DX、マインクラフトにモンスターハンターも買いました。

これは今楽しみたいだけという思いもありますが、趣味としてゲームのプレイや分析が好きなのです。少し高いと感じていたので迷う部分もありましたが、この考えとバイト代に背中を押され、買ってよかったなと思います。 

 

今日取り上げたゲーム

Splatoon2

ゼルダの伝説(ブレスオブザワイルド)

マリオカート8DX

モンスターハンター(XX Nintendo Switch ver)