毎日のダンケ!~Danke!~

理系大学生の大学生活や思ったこと、伝えたいことを気ままに書いていきます

Splatoon2 S+になるためのガチマッチの勝ち方やコツを伝授! ガチヤグラ編

こんにちは、まゆ助です!

 

前回はガチマッチの勝ち方 ガチエリア編を書きました。

 

www.mainichidanke.com

 

今回はガチヤグラ編を書いていきます!

実はガチヤグラは前作から私が最も苦手としていたルールで、Splatoon2においてもS+に到達するのは最も遅かったのです。

その分、S+にあがることのできないみなさんの気持ちは理解していますし、なにを意識すれば勝てるのか、ということを書いていきたいと思います。

 

まずはガチヤグラのルールをおさらいしましょう。

 

 

 

ガチヤグラとは

ステージ上に設置されたガチヤグラと呼ばれるオブジェクトを所定のゴールへ進めることで勝利です。ガチヤグラを進めるためにはプレイヤーが乗っている必要があります。また、ゴールへ運ぶ途中にはカンモンと呼ばれるガチヤグラが一時停止するポイントがいくつかあり、一度カンモン分のカウントを進めてしまえば再度到着した時に一時停止することはありません。カンモンではより多くのプレイヤーがヤグラに乗っているとカウントはより早く進んでいきます。ゴールへ達成できなかった場合は画面上部のカウントをリードしているチームの勝ちとなります。延長戦ではリードされているチームは敵のカウントよりも多く進めた場合、リードしているチームはヤグラを奪い返すことで勝利となります。

 

ガチエリアに比べてオブジェクトが動いていくので戦場が常に変動する、と考えていいでしょう。その分いまはどの立ち位置にいるべきなのかを考えることが大事です。

それでは前回に引き続き、C~B帯向けとA~S帯向けに分けてアドバイスしていきます。

 

C~B帯の人へ

C~B帯の人に向けては主に4つアドバイスしたいと思います。

 

では早速いきましょう!

 

1,ルールを理解して行動しよう

みなさん、ガチヤグラのルールはご存知でしたか?ナワバリバトル、ガチエリアと異なり、オブジェクトが動くというのがかなり特徴的です。そして、ヤグラを進めるためには乗る必要があるのです。

なのでガチヤグラでは乗ることを意識した行動をしましょう。これは、いつでも乗っていいというものではありません。これについては2で深く解説しますが、基本的には「周りに敵がいないとき」「味方が攻めているとき」に乗るのが最適です。

また、カンモンでは多くのプレイヤーが乗っているほどカウントは早く進みます。そのため、ヤグラがカンモンに到着したらより意識的にヤグラに乗るようにしましょう。

逆に、敵がヤグラを進めているときにはヤグラの上の敵を倒してストップさせなければなりません。そのためにも、いまヤグラがどこにあるのかを意識して戦うことが大事です。これは3で深く書いていきますね。

2,やられないように乗り続けよう

先ほど、ガチヤグラでは乗ることを意識しようと話しましたが、これはバトルの基礎です。ですが、やられてしまっては敵に有利な盤面を作ってしまいます。そのためのコツをふたつ紹介します。

ひとつめ「周りが安全なら乗ろう」

敵がいるのにガチヤグラに乗ってしまったら遠くから多くの敵に攻撃されてやられてしまいます。そのため、ヤグラ周辺がきちんと自分の色に染まっていること、味方が前の方まで攻めていることを確認したら積極的に乗りましょう。

ふたつめ「やばくなったら逃げよう」

ひとつめで書いたように乗っていると敵が目の前に現れてくるはずです。

味方が敵をすべて倒してくれるのであれば安心して乗ることができるのですが、普通はそうはいきません。そんな時のんきに乗り続けていてもただやられてしまいます。少しでも長く乗りたいときはあると思いますが、敵の攻撃が届く位置になったらいったん降りてメインウエポンやサブウエポンで牽制しましょう。もちろん、ここでもやられないように逃げることのできるだけの道は確保しておきましょう。

ですが、時と場合によっては乗っておかないといけない場面もあります。これは4で書きます。

 

この二つを意識していればヤグラのカウントはぐんぐん進んでいきます。

「やばくなったら逃げる、戦場の鉄則!」

3,ヤグラの位置を把握しておく

ガチヤグラの位置を把握しておくことは非常に重要です。なぜなら、敵がヤグラを進めているのに全く離れたところを塗っていても味方にとってはかなりの負担となり、奪い返すことができないからです。他にも、味方がヤグラを進めているにもかかわらず自陣を塗っていればせっかくのチャンスをのがしてしまうことになります。

ガチヤグラの位置は画面上部のゲージで大まかな位置がわかったり、画面内にも位置を示すアイコンが出ます。マップを開くことでより正確な位置を把握することもできます。

また、少し難しいですが、ガチヤグラを進めるときにはヤグラ前方で戦うことを意識しましょう。これについてはA~S帯向けのアドバイスの方で書いているので興味があれば確認してみてください。

「ヤグラの位置によって戦う位置を変えていこう!」

4,ごり押しするタイミングを覚えよう

ガチヤグラやガチホコ特有の戦い方、それがごり押しです。

つまり、死んでもいいからカウントを進めようというものです。ですが、時と場合を選ばないとただやられるだけで意味のない行動になってしまいます。

なのでここではごり押しの方法に合わせてタイミングも紹介します。

まず、ごり押しの方法から。

ガチヤグラのごり押しはとにかくヤグラに乗ることです。乗っていた味方がやられたならそのあと即座に乗りましょう。このとき、ヤグラ中央の柱を盾にしたり、ヤグラ上をうろちょろすることで少しでも生きる可能性を高めましょう。

そしてごり押しのタイミング。これは「カウントリード間近」「カウントが20以下の時」のふたつです。

「カウントリード間近」というのは敵に進められたカウントよりも多くのカウントを進められそうなときです。あと5カウントでリードできる、という時は積極的に乗りに行ったりスーパージャンプを駆使しましょう。

「カウントが20以下の時」は攻めているときです。少しでも多くのカウントを稼ぐために積極的に乗ります。この場合はたとえやられてしまっても敵が前線を形成しなおすためには時間がかかるのでやられても乗る、というのはかなり有効な選択肢です。

「ごり押しで勝率アップ!」

 

以上がC~B帯の人向けのアドバイスとなります。敵を倒す力がついてきた人はキル役に回るのも選択肢の一つですが、乗らなければ勝てないということは常に意識しておきましょう。

 

A~S帯の人へ

A~S帯の人は基本的なルールや立ち回り、勝ち方は把握していることでしょう。では一体なぜそこから上に上がることができないのか。それはこれから書いていく3つのポイントに隠されていることでしょう。

 

1,生存状況を確認しよう

生存状況に関しては先日のガチエリア編でも書いているので、そちらから引用しますと

画面上部に敵と味方のイカが書いてあるのはご存じですか?

これ、実は生存状況を表しているのです。イカが色づいているときはそのイカは生きています。黒くなってバツが書かれているときはやられています。白く光っているときはスペシャルウエポンが溜まっています。

つまり、画面上部を見るだけで敵味方が何人生きていて、誰がスペシャルウエポンが溜まっているのか把握できるのです。これはとても重要です。

例えば、敵のイカが3つ黒くバツが書かれているときは、生きている敵は一人なので攻める大チャンスです。逆に、味方のイカが3つ黒くなっているときは危険です。

 となっています。特にガチヤグラは味方の人数>敵の人数のときはチャンスです。逆の場合はピンチです。

チャンスの時は積極的に乗る、または前線を上げて敵にプレッシャーをかける。のどちらかを行いましょう。

乗る場合は、おそらく周囲に敵はいないと思うのでできるだけ塗ることを意識しましょう。生き残った敵がいた場合は射程が勝っているならヤグラの上から倒すことを意識しましょう。射程が負けているなら乗ったり降りたりを繰り返してやられないように進めていきましょう。

前線を上げる場合もやられないことを意識しつつ、危険だと感じたらすぐさま撤退しましょう。

ピンチの時は前線から引くことが大事です。ですが、敵になるべく進められないように遠くから攻撃をしたり、ヤグラが進む先の道を塗っておきましょう。そうすることで多少なりとも敵の攻撃を和らげることができるはずです。

生存状況を理解できているかどうかが勝てるかどうかに直結するというのは言わずもがなです。

「チャンスで前線上げて、ピンチの時は食い止める」

2,謙虚になって乗ろう

実体験としてA~S帯のころはキルも取れ始めるので敵を倒しに攻めがちです。そのため、人数有利をとってもヤグラ放置で攻めることが多くなります。キルを取る快感はわかりますがそれでは味方とかみ合わなかった場合に負けてしまいます。

味方が積極的に乗ってくれる人なのかどうかを判断することも大事ですが、人数有利になったら乗ることが勝利への近道です。4人全員がキルを取りに行くかもしれない、ということを考えたプレイングも大事です。

誰かが乗ることで他の味方はキルに専念することができますし、乗りがうまくなることでさらに勝率は上がっていきます。

キルを取りたいという気持ちを抑えて人数有利の時は積極的に乗りに行くこと。私はこのことを意識したところすぐにS+に上がることができました。

「乗れば勝てる、乗らねば勝てぬ!」

 

 

3,ヤグラの前方を意識して戦おう

ヤグラは決められたルートを通っていきます。そのためルート周辺の塗りが非常に重要です。

特に、ヤグラの前方で戦うことが大事です。なぜなら前の敵を倒さなければ楽に進めることができないからです。ヤグラの後ろにいる人はいったい何を考えているのでしょうか?敵が後ろから来るでしょうか?敵からすれば攻められていて何とかしてヤグラを止めたいものです。必死に止めに来るので裏を取る余裕はないでしょう。そこであなたが後ろを陣取っていると正面では人数不利になっていますし、奪い返されてしまえばあなたは逃げるかやられるかの二択です。

前で戦うのはやられてしまうことも多くなりがちで嫌に思うかもしれませんがあなたが頑張ればその分乗っている味方は楽に戦うことができます。

4人という少ないチームで勝つためにはそれぞれが役割を理解して行動することが必要なのです。

 

A~S帯の人へ向けては以上です。混戦となりがちなガチヤグラではエイム力はガチエリアほど必要ないように感じます。立ち回り次第ではすぐにS+にあがることができるでしょう。がんばってください!!

 

 

ここからはガチヤグラにおすすめのメインウエポン、サブウエポン、スペシャルウエポオンを書いていきます。

 

ガチヤグラおすすめメイン・サブ・スペシャルウエポン

あくまで私の考えるおすすめですので参考にするかどうかはあなた次第ですし、好きなブキで勝てるのが一番です。ほんとうにチラ見程度で構いません。

 

ガチヤグラおすすめメインウエポン

1,スプラローラー

一振りで敵を倒せる高火力は非常に魅力的。イカニンジャをつけることで敵に発見されにくくなるためたくさんキルを取ることができる。その分、振りの隙があったり縦振りはエイム力が必要だったりします。特に調子に乗って突っ込んでしまうことが多いので要注意です。

2,ノヴァブラスター

二発爆風を当てれば倒せ、連射力も高い優秀なブキ。その分インク効率や敵の隙を突くスキルが必要となってくるので扱いには難しいかもしれない。

 

他にもブラスター系はヤグラ上の敵を倒すことが非常に得意なブキとなっています。これを機に自分に合ったブラスターを見つけるのもいいかもしれません。

 

ガチヤグラおすすめサブウエポン

1,ロボットボム

投げた先で索敵範囲に敵がいれば追尾し、接近することまたは時間経過で爆発する。

ヤグラの上に投げることができれば敵を降ろすことだけでなく、混戦内に投げれば敵を倒すこともできる。その分インク消費は非常に大きいので使い場面は選ぶ必要がある。

 

2,キューバンボム

投げた地面や壁にピタッと張り付き時間経過で爆発する。

ヤグラの柱に投げつけることで敵を簡単に降ろすことができたり、投擲距離が長いので遠くから牽制することができる。やはりその分インク消費量は大きい。

 

ガチヤグラおすすめスペシャルウエポン

1,ハイパープレッサー

ZRボタンを押すことで壁を貫通するレーザーを発射することができる。1.5秒間発射し続けると攻撃範囲が広くなる。ヤグラに向けて撃てばほぼ確実に敵を降ろすことができ、キルを取ることもできるスペシャル。その分、使用中の移動速度は遅かったり、途中でやめることができないので発動場所を選ぶ必要がある。

 

2,バブルランチャー

ZRボタンを押すことでシャボン玉を三つ撃ちだすことができる。味方のインクを当てることで爆発させることができ、それによって敵を倒したり塗りを広げることが可能。

ヤグラに向かって使えば味方をシャボンに包み、敵からの攻撃を無力化することができる。

その分、味方の攻撃がシャボンに当たってしまうこともあるのでいつ使ってもいいというわけではないです。

 

最後に

私からのアドバイスは以上です。ガチヤグラは私もなかなか勝てないルールだったのでこの記事で多くの人がたくさん勝てるようになると私としても幸いです!