毎日のダンケ!~Danke!~

理系大学生の大学生活や思ったこと、伝えたいことを気ままに書いていきます

イタリアン店でのバイトのきつい所・楽しい所

こんにちは、まゆ助です!

私、しばらく前からイタリアンのお店でアルバイトを始めました!

まだ1ヶ月弱ですがきついなーって思うところと、楽しい!って思うところを書いていくので参考にしてもらえたらと思います。

 

 

きつい所

まずきつい所ですが、一つ目は「食材やワインの種類が多いところ」です。

 

私の働いているお店はチェーン店ではなく、小規模なお店なので手作りメニューを見たりや手書きで注文をとったりします。

そこでやはりワインの種類がとても多く覚えるのが大変です。

 

甘口〜辛口まであったり、ボトルワインになるとその名前と値段も覚えなければなりません。特徴も覚えて説明するなどかなり幅広い知識が求められてきます。

 

二つ目は「客層が偏っている」ことです。

まず、イタリアンということもあり来店されるお客様は大体成人の方々です。そのため私のような大学生の対応にはきつく接してくるような方もいる気がします。

 

最近も自称ワイン通のような方に一言言われてしまい、なんとも返せなかったのでもっと勉強をしなければならないと感じたところです。

 

1.基本的に種類が多いこと

2.客層が大人であるため生半可な知識だけではダメだということ

 

がきついと感じるポイントです。

 

楽しい所

次に楽しい所です。一つ目はやはり「料理が美味しい」ことです。

賄いをいただけるお店なのですが毎回店長が手作りをしてくれるのでその美味しさにはほっぺが落ちます。

 

特にうちのお店の店長は昔から料理人として鍛えられ中々な実績もある(自称)方のようなのでほかのお店よりも美味しい気がします。

 

二つ目は「ワインに詳しくなれる」ことです。

仕事柄、種類や特徴を覚えていなければ話にならないので必然的に詳しくなります。すると今後お酒の場で披露したり将来のデートの際にかっこいいところが見せられるかもしれませんよ!

 

以上の二つが楽しいと感じているところです。

 

最後に

今回はイタリアンというところに焦点を当てて記事を書きましたが基本的に飲食店なのできつい所や楽しい所はまだまだあります。

もしイタリアンで働きたいと思っている方は今回書いた四つのことをふまえて考えてもらえると幸いです。